« 鼻緒の調整 | トップページ | 籐表を下駄に »

2014年2月23日 (日)

はがれの修理

いつもご覧いただきありがとうございます。

福島履物店の店主 福島です。
今日は草履の底の爪先部分の剥がれを修理しました。
この程度の剥がれなら家庭でも直せるので手順をご紹介します。
 
剥がれた状態
Img_1221
 
 
接着剤の乗りをよくするため180番くらいの目の細かい紙ヤスリで擦ります。
Img_1222_4
 
 
接着剤を付けます。ダイヤボンド製靴用というのを使っていましたが
業務用で手に入りにくいので、コニシのG17を使用して下さい。
ダイヤボンドとG17でゴムや皮を接着して強度を比べてみたのですが
どちらもほとんど遜色ありませんでした。
それ以外の接着剤は使用しないで下さい。
Img_1223
 
 
接着剤は少量をつけて先の細い物で両面に薄く塗り拡げます。
Img_1224_2
 
 
指先で触ってみてわずかにベタつきを感じるくらいになるまで乾かした後
圧着すれば完成ですが、接着強度が充分に出るよう半日くらい使用を控えて下さい。
この手の接着剤は塗ってすぐ貼らないで、生乾きにしてから貼った方が接着強度が出ます。
 

|

« 鼻緒の調整 | トップページ | 籐表を下駄に »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はがれの修理:

« 鼻緒の調整 | トップページ | 籐表を下駄に »